結婚写真は和装と洋装、両方撮ることをお勧めします

結婚式を、昨年挙げました。そこで、これから結婚式を予定している花嫁さんに一言アドバイスをしたいと思います。まず、結婚式の内容は、早めに細かい所まで想像しシミュレーションし、時期が早いと思っても早めに決める。私は、先延ばしにしてしまい、時間が迫り、同じタイミングで仕事も忙しくなってしまい、余裕がなくなり焦りました。そして、最もこだわってもらいたいのが結婚写真です。私は、和装と洋装の両方撮りました。和装は、義母からのプレゼントであり、希望でした。

実は私はあまり撮りたいとは思っていなかったのですが、せっかくのプレゼントでしたので、ありがたく撮らせていただきました。当日は、着物を着て、カツラをかぶりました。準備が進むにつれて、楽しくなっていきました。意外と似合うかもと。そして、滅多に体験することはできませんので。そして、写真はきちんと写真立てに入れてもらい、自分たち、実両親、義母にプレゼントしました。とても良い記念になりましたし、親も喜んでくれました。おそらく自ら撮影しようとは思いませんでしたので、プレゼントしてくれた義母に感謝です。洋装の結婚写真は、沖縄で式を挙げたので海をバックに撮影をしました。青い空と海。白い砂浜。そして、白いウェディングドレス。当日は、数日前が台風で荒れていたとは思えず、とても天気が良く、雲の形も天候も本当にすべてに恵まれ、とてもいい写真が撮れました。

結婚写真は、プロにお願いするので、とてもお金がかかる部分になります。和装は、貸し衣装とスタジオでの写真撮影代で、約15万円ほどでした。洋装は、結婚式とセットでしたので、単品での料金はわかりませんが、オプション料金は約10万円でした。結婚して何年も経っている人に和装と洋装の両方撮りについて話をすると、ほとんどの人が洋装の撮影はしたが、和装の写真は後から撮影しようと思っていたけど、結局撮っていないと言う人が何人かいました。結婚式の後は、準備の忙しさから解放され動く気になれず、逆に何年も経つといまさら和装はいらないかなと思ってしまうそうです。今では和装の結婚写真は仕舞い込んでしまい、頻繁に見ることはありませんが、何年か後に見たり子供に見せたりしたいと思います。その時の二人(旦那と自分)は良い意味でもういないので、撮影しておいてよかったと心から思います。撮影をしたいと思っている花嫁さんは、後悔しないように撮影することをお勧めします。ちなみに、洋装の写真は、大きなアルバムとミニアルバムを作成したので、ミニアルバムを見えるところに飾っています。旦那はしょっちゅう手に取って見ているみたいです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*