防災グッズと非常食を準備していることについて

地震や突発的な災害に備え、自分達できる範囲で防災グッズや非常食などを準備しておいた方が良いということをテレビ番組でしていたため、いつ起こるかわからない災害のためのことを考え準備することにしました。防災グッズはすぐに使用することを想定して、玄関に置く場所を確保した方が良いと考え、防災グッズ置き場を作ることにしました。何か災害が起こると、非常用物資が届くのに3日間はかかると言われているため、非常食も3日分を基準に用意することにしました。置く場所などしっかりとした場所を確保することができれば、非常食も1週間分ぐらい準備したいという思いもありましたが、しっかりとした置く場所を確保することが難しかったため、家族3日分の食事を準備するだけで精一杯な状況です。現在しっかりと対策をすることで、日々安心して暮らすことができているので、早めに対策をして良かったと改めて思います。

非常食は防災の用品と一緒に揃えておくと安心です

防災の用品で最も管理の難しいものが、非常食の取り扱いです。食品には賞味期限がありますので、非常用として別に保管していると、うっかり存在自体を忘れてしまいがちです。食用として使おうとしたときに、賞味期限が切れていて食べられなかったということもありますので、非常用の食品リストを作成し、賞味期限順に箇条書きにしておくと大変分かりやすいと思います。作成したリストは、よく見えるところに貼っておき、賞味期限が近づいてきたら非常用のバッグから取り出して早めに調理したり、食べたりなど無駄のないようにできるとベストです。アルファ米や保存食用のパンなど、賞味期限の長い商品を買い求めておくと、こまめに入れ替える必要がありません。また軽くてコンパクトなつくりなので、パッキングの面でも大変機能的です。水についても賞味期限がありますので、あわせて管理が必要です。賞味期限が近づき、すでに使ってしまった食品の補充については、早めに行うことを忘れないように気をつけましょう。

防災用の非常食の種類

私は、数年前にとても驚いたものがあります。それは、防災用の非常食についてです。そういった食べ物と聞くと、かんぱんや魚のかんづめ、キャンディーなどを想像することが多かったです。ですが、当時、とても衝撃だったものがあります。それは、缶づめの中に入ったパンです。この缶詰の存在を知った時には、とても驚いてしまいました。私はパンが大好きです。出来るのであれば、毎日一回は必ず食べたいと思っているものです。ですが、とても賞味期限が短いので、非常食として保管しておくことはとても難しいことだと思っていました。そういう考えでいたのですが、実際にはこのような缶詰になって世の中に登場していたのです。しかも、チョコレートの入っているものやイチゴ味の物など、種類も様々です。万が一の時にもパンが食べれるなんて、とても嬉しいです。